リフォーム時に外壁の色を選ぶポイント

住宅をリフォームする場合、色々な面で注意が必要です。例えば、外壁を行う時には色選びが大切になります。最初に参考にする為に見本を見ますが、この時同じように見えていないことがあります。特にインターネットでサイト内の見本を見ていると、出来上がりと全く違う事も起こりえます。このような事がないようにする為にも、インターネットサイトを参考にする時、彩度と明度を下げて参考にします。こうする事で実際のイメージと同じような状態になっていることが多いです。また、自分だけではどうすればよいのか解らない場合、業者の担当者と一緒に考えていくと良いです。専門的に取り扱っている業者の方ですから、住宅のイメージや周辺環境と合っているのかどうかと言ったプロならではの視点でアドバイスをくれます。大切な住宅の外壁の色なので慎重に選ぶことが大切です。

外壁色の塗替えリフォームで家は生まれ変わります。

人の住まいにはいろいろな種類があります。一戸建て住宅やマンション、アパート等がその主なものでしょう。建築当初はそのどれもが全て立派で、汚れもなく綺麗なものばかりです。しかし、年数が経過するにつれ、風雨の影響や鳥の糞等が原因で塗装も劣化し、汚れも目立って来るのは避けることができません。街中を歩いていても、外壁塗装し直せば生まれ変わるんだろうけどと思える建物がたくさんあります。私共の家は一戸建て住宅ですが、数年前に外壁の色を塗替えるリフォームを行いました。依頼した業者の方はまず家屋の写真を撮影し、さまざまな色を施したイメージ写真を作ってくれたので、完成時の家屋をイメージすることが容易にでき、色の指定はスムーズに進みました。実際、現場で作業された方々の仕事も丁寧で、お陰様で以前とは見違えるような家に生まれ変わることができ、感謝しております。

周囲の景観に外壁の色を調和させる建物のリフォーム

戸建てでもマンションでも一定期間経過すると屋根や外壁が雨水や太陽光あるいは空気中の粉塵等の影響を受けて劣化したり、変色し、折角の新築物件でもみすぼらしくなってくるので、部屋内の補修やリフォームする時期に合わせて外壁の張替えや塗り替えを行うと外観の変化が生活リズムの変化につながることもあります。塗装張りの外壁であれば塗り替えを、タイル張りなら新しいタイルで張り替えます。この場合、タイルの張替えの場合は劣化したタイルだけ張り替えるのが一般的ですが、費用をかけて張替え前後のタイルを別の色のタイルを選び、塗装塗り替えの外壁であれば全面、別の色調にして気分一新を図ることも可能です。但し、建物の外観は周囲の景観との調和の中で見栄えが左右されるので、周囲が住宅街でも木々の多い地域であれば緑とコントラストを取る必要があるかもしれません。また、建物が密集している地域であれば立ち並んでいる建物と対照的な色調の方が目立つことになります。庭に広い花壇があるようなら外壁とのカラーシミュレーションを行い、植物との調和を考えてみることも楽しいことです。

コメントを残す

(*) Required, Your email will not be published